Empty Activity でAndroidプロジェクトを作成してみる(Android API 14 以上)

注意:Android API 14 以上を対象とした記事になります。

EmptyActivityのアクティビティを作成してみましょう。

Activityの作成については、以下を参考にしてください。
Activityの種類を選択以外は、Blank Activityの作成方法と同じ流れになります。
Blank Activity でAndroidプロジェクトを作成してみる(Android API 14 以上)

「EmptyActivity」は、Android API 14以上が対象のため、
コンパイルAPIの選択は、Blank Activityの作成と同様に、API 14以上を指定してください。

Activityの種類を選択する画面で、「EmptyActivity」を選択し、アクティビティを作成します。

activity-empty-01

それでは、実際に動かしてみましょう。
以下のような画面が表示されます。

activity-empty-image-01

見た目は、「Blank Activity」と、ほぼ変わりませんが、
ActionBarにmenuがないことが分かります。

ソースを見てみましょう。
まずは、Activityから。

onCreateメソッドのみ。
本当に何もないですね・・・(笑)
Emptyというだけのことはあります。

作成されたファイル構成も見てみましょう。
menuの定義ファイルもありませんね。
activity-empty-02

無駄なロジックは一切いりません!
何もないところから作りたい!
という方は、「Empty Activity」を選びましょう。

おすすめ記事

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP