Android SDKのダウンロードとインストール

Android SDKのダウンロードとインストール方法について解説します。

まず、Androidアプリを開発するためには
Android SDKというライブラリが必要になります。

まずはダウンロードから。

Android SDK のダウンロード

2014/07現在、EclisepとセットになったSDK(Eclipseパック)と、
SDK単独のインストーラーをダウンロードすることができます。

今回は、SDKのみのダウンロードで進めていきます。

以下のサイトを開きます。

サイトを表示したら、以下の動作でSDKのダウンロード画面へ移動します。
⇒ ヘッダーメニューのDevelopをクリック
⇒ ヘッダーメニューのtoolsをクリック
⇒ サイドメニューのDownloadをクリック
※なぜ、海外のサイトってこうもわかりづらいんだろう・・・。

android-sdk-dl-01

次に、画面下部にある
「GET THE FOR AN EXISDKING IDE」をクリックします。
(ちょっとわかりづらいです。)

すると、ダウンロードボタンが現れますので、
クリックしてインストーラーをダウンロードしてください。

なお、Eclipseとセットになったバージョンを希望する場合は、
画面中央の「Dwnload Eclipse ADT」からダウンロードできます。

ダウンロードしたEXEファイルをクリックすると、
インストールの案内ダイアログが表示されます。

android-sdk-dl-02

案内に従って進めていきます。

android-sdk-ins-01

インストールが開始されます。
1~2分程度かかります。

android-sdk-ins-02

上記画面になれば、インストール完了です。「Next」をクリックします。

android-sdk-dl-03

以下の画面が表示されれば、作業完了です。
ダイアログ中央の「Strat SDK Manager」にチェックを入れたまま、
「Finish」ボタンをクリックします。

すると、SDK Managerツールが自動で起動します。
※自動で起動しない場合は、インストールしたフォルダ配下に「SDK Manager.exe」というEXEファイルがありますので、
そちらから起動することができます。

Androd SDK Managerからライブラリをインストールします

android-sdk-ins-03

上記の画面から、インストールしたいライブラリをチェックし、
右下の「Install」ボタンよりインストールしていきます。

以下の2点は確実にインストールしておきましょう。
・Android SDK Platform-tools
・Extras配下のライブラリ一式

Androidのバージョンについては、任意ですが、
HDD容量に余裕があるのであれば、片っ端からインストールしてしまってよいと思います。
難しいことは考えずに・・・です。

ただ、以下のような注意点があげられるので、臨機応変にいきましょう。

①すべてをインストールすると、15GB近い容量が必要になり、HDDを圧迫する
②インターネット経由でインストールを行うため、回線によっては膨大な時間がかかる
③すべてにチェックを入れても1回ではすべてインストールできないため、数回に分けてイントールを試みる必要がある

以上で、Android SDK のダウンロードからインストールまでの作業は完了です。

おすすめ記事

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP