TextViewを使用する

TextViewの使用方法を見ていきます。

TextView_001

TextViewをリソース(XML)で定義する

TextViewをXMLに定義する場合は、以下のように定義します。

TextViewで定義可能な要素はこの他にもたくさんあります。
こちらを参考にしてください。
Android TextView Reference

TextViewをプログラムで追加する

ある処理を実行した後にテキストを表示させたいなど、動的にテキストを追加したい場合は、
プログラム側からTextViewを追加することが可能です。

ViewGroupオブジェクトをIDで取得し、取得したViewGroupにTextViewを追加します。

好きなタイミングでTextViewを追加することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする