DatePickerを使用する(XML定義編)

DatePickerの使用方法を見ていきます。

DatePickerをリソース(XML)で定義する

DatePickerでは、Android API 3.0以降、カレンダーが付属されるようになっています。
こんな感じです。

datebicker_001

DatePickerをXMLに定義する場合は、以下のように記述します。

これだけで、カレンダー付のDatePickerが表示されます。

DatePickerにカレンダーを表示したくない

カレンダーを表示したくない場合は、
「android:calendarViewShown」属性を無効にします。

以下のようになります。
datebicker_002

DatePickerをカレンダーだけ表示したい

カレンダーのみを表示したい場合は、
「android:spinnersShown」属性を無効にします。

以下のようになります。

datebicker_003

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする