Eclipse4.4のインストールと日本語化

Eclipseのインストールと日本語化を行います。
今回は、Eclipse4.4

まず、以下サイトへ行き、Eclipseをダウンロードします。

32bit版か、64bit版を選択し、ファイルをダウンロードします。
eclipse-setup01

以下のような名前のzipファイルがダウンロードできます。
eclipse-standard-luna-R-win32-x86_64.zip(これは64bit版)

ダウンロードが完了したら、zipファイルを解凍し、任意のフォルダに配置します。

これで、Eclipseが使用可能になりました。
フォルダ内の「eclipse.exe」ファイルをクリックすれば、Eclipseが起動します。

しかし、このままでは英語なので、次に日本語化を行っていきます。

以下のサイトにアクセスします。
mergedoc.sourceforge.jp

少しだけ下にスクロールすると、
「最新版」「安定板」というリンクがあるので、どちらかをクリックします。
今回は「安定板」を元に進めていきます。
eclipse-setup02

遷移先のページに、「pleiades_1.5.0.zip」というリンクがりますので、クリックします。
ダウンロードが開始されます。
eclipse-setup03

ダウンロードが完了しましたら、pleiades_1.5.0.zipファイルを解凍します。

解凍後のフォルダを開くと、中身は以下のようになっていると思います。
eclipse-setup04

次に、これらのファイルを、一式、Eclipseのフォルダへコピーします。
同じ名前のファイルが既にあると思いますが、すべて上書きしてください。

以下のような確認ダイアログが表示されると思いますが、
すべて「はい」を選択します。
eclipse-setup05

コピーが完了しましたら、
Eclipseのフォルダ内にある、eclipse.iniという設定ファイルを編集します。
テキストエディタで開き、最下部に、以下を追加します。
「-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar」

挿入後は、以下のようになります。

挿入後、ファイルを保存します。
これで日本語の設定は完了です。

設定度、一度だけ、設定した内容を反映させるために、
eclipse.exe -clean.cmdファイルをクリックして、Eclipseを起動します。
※2回目以降は、eclipse.exeで大丈夫です。

以下のように、日本語化されたEclispe画面が表示されます。
eclipse-setup06

あとは、Androidプラグインを入れるなり、Tomcatプラグインを入れるなり、
好きなように拡張しましょう!

おすすめ記事

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP