pleiadesプラグインで日本語化するとEclipseが起動しない

pleiadesプラグインで日本語化を行った後、Eclipseを起動しようとすると、
以下のようなエラーダイアログが表示され、Eclipseが起動できなくなってしまうことがあります。

Pleiades 初期化時にエラーが発生しました。

↓以下、エラーダイアログの画像
eclipse-err-01

原因を調査したところ、以下の場合に発生する可能性があります。
・Windows Vista以降のWindows(windows Vista、Windwos7、windows8等)
・C:Program Files配下に、Eclipseフォルダを配置している

どうやら、Windows Vista以降、C:Program Files配下のファイルはユーザー権限では書き込みが出来ない仕様になったとのこと。
ですので、Administrator権限で開発している方は、この問題は発生しない・・・はずです。

では、解決策は?
ぱっと思いつくところでは、以下のような対策が考えられます。

【1:管理者権限でEclpseを起動する】
Eclipseを起動する際に、eclipse.exeを右クリック ⇒ 「管理者として実行(A)…」をクリックしてEclipseを起動する。
簡単な対応ではありますが、起動するたびに実施する必要があります。

【2:書き込み可能な場所へ移す】
「C:Program Files」配下ではなく、
「C:Usersログインユーザー名」配下などの、書き込み可能な領域にEcelipseを移してしまう。
移動しても構わないのであれば、もっとも簡単な方法です。

【4:Administrator権限で開発する】
この方法は、いろいろな意味で敷居が高そうです・・・。

【3:Administrator権限で開発する】
この方法は、いろいろな意味で敷居が高そうです・・・。

他にも、「C:Program Fileseclipseconfiguration」にユーザー権限を付与する、などいろいろあるかも知れません。

ひとまず、全く解決できない問題、というわけではないことが分かりました。
開発環境や企業ルールなどに合った解決方法を選びましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク