サイトをBingウェブマスターツールに登録してみる(WordPress編)

Googleウェブマスターツールの存在は昔から知っていましたが
Bingウェブマスターツールなるものもあるようで。

今回は、このBingウェブマスターツールにサイトを登録してみます。

まず、以下のサイトへアクセスします。
bing ウェブマスターツール

ログインボタンをクリックし、Microsftアカウントでログインします。
※Microsftアカウントを持っていない場合は、新規にアカウント登録をする必要があります。
bing-web-master-tool-01

登録したいサイトのURLを入力し、追加ボタンをクリックします。
bing-web-master-tool-02

WEBサイトの情報を入力していきます。
必須項目は必ず入力しましょう。
「会社名または組織名」、「会社または組織の規模」については
個人サイトの場合は「屋号(商号)なし」、「0」とでも入力しておきましょう。
入力が完了したら、保存ボタンをクリックします。
bing-web-master-tool-03

今回はWordPressで作成したサイト前提で進めていきます。

サイト所有権の確認方法が画面にいくつか提示されますが、
今回、使用するのは
content=”XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX” ← このXXXの部分を使用します。
ひとまず上記の部分をコピーしておきます。
bing-web-master-tool-04

次にWordPressの「Yoast WordPress SEO」というプラグインを使用して所有権の確認を行います。
左サイドメニューの「SEO」をクリックし、Bingウェブマスターツールのテキスト欄に、
先ほどコピーしておいたBingウェブマスターツールのIDを設定し、変更を保存ボタンをクリックします。

bing-web-master-tool-05

Bingウェブマスターツールのサイトに戻り、所有権の確認を行います。
無事、確認が成功すると、以下のようなサイトの管理画面が表示されます。
bing-web-master-tool-06

これで、Bingウェブマスターツールへのサイト登録は完了です。

今回は、WordPressの「Yoast WordPress SEO」を使用して登録しましたが、
WordPressの作成したサイトでない場合でも、
metaタグをタグの中に埋め込む方法であれば、
ほとんどのブログで登録することができます。

ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク