TextViewを使用する

View

TextViewの使用方法を見ていきます。

TextView_001

TextViewをリソース(XML)で定義する

TextViewをXMLに定義する場合は、以下のように定義します。

<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    tools:context="jp.yocchin.viewsample.MainActivity" >

    <TextView
        android:id="@+id/textview01"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="@string/hello_world" />

</LinearLayout>

TextViewで定義可能な要素はこの他にもたくさんあります。
こちらを参考にしてください。
Android TextView Reference

TextViewをプログラムで追加する

ある処理を実行した後にテキストを表示させたいなど、動的にテキストを追加したい場合は、
プログラム側からTextViewを追加することが可能です。

ViewGroupオブジェクトをIDで取得し、取得したViewGroupにTextViewを追加します。

package jp.yocchin.viewsample;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.LinearLayout;
import android.widget.TextView;

public class MainActivity extends Activity {

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.activity_main);
		
		// TextView追加メソッド呼び出し
		this.addTextView("プログラムからTextViewを追加");
	}
	
	// TextViewを追加するメソッド
	private void addTextView(String message) {
		// TextViewを作成してテキストを設定
		TextView tv = new TextView(this);
		tv.setText(message);
		
		// 親のViewGroupを取得して、Viewを追加
		LinearLayout lay = (LinearLayout)this.findViewById(R.id.linearlayout01);
		lay.addView(tv);
	}
}

好きなタイミングでTextViewを追加することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました