CheckBoxを使用する

View

CheckBoxの使用方法を見ていきます。

checkbox_001

CheckBoxをリソース(XML)で定義する

CheckBoxをXMLに定義する場合は、以下のように記述します。
※上記のような画面になります。

<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:id="@+id/linearlayout01"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    tools:context="jp.yocchin.viewsample.MainActivity" >
    
	<CheckBox android:id="@+id/checkbox01"
		android:layout_width="fill_parent"
		android:layout_height="wrap_content"
		android:text="@string/checkbox01"
		android:checked="false"
	/> 
	
	<CheckBox android:id="@+id/checkbox02"
		android:layout_width="fill_parent"
		android:layout_height="wrap_content"
		android:text="@string/checkbox02"
		android:checked="true"
	/> 

</LinearLayout>

「android:checked」属性で、初期のチェック状態を設定できます。
最初からチェックされた状態にしたい場合は、「android:checked」をtrueに設定しましょう。

CheckBoxで定義可能な要素はこちらを参考にしてください。
Android CheckBox Reference

CheckBoxにクリックイベントを追加する

CheckBoxがクリックされたときに実行される処理を追加してみましょう。
今回はCheckBoxをラジオボタンのような動きにしてみます。
CheckBox1がチェックされたら、CheckBox2のチェックを外します。
逆にCheckBox2がチェックされたら、CheckBox1のチェックを外します。

		// IDを元にCheckBoxオブジェクトを取得
		CheckBox cb1 = (CheckBox)this.findViewById(R.id.checkbox01);
		CheckBox cb2 = (CheckBox)this.findViewById(R.id.checkbox02);

		// CheckBoxオブジェクトにクリックイベントを追加する
		cb1.setOnClickListener(
				new View.OnClickListener() {
					public void onClick(View v) {
						// イメージ画像がクリックされたときに実行される処理
						CheckBox cb = (CheckBox)findViewById(R.id.checkbox02);
						cb.setChecked(false);
					}
				}
			);
		
		// CheckBoxオブジェクトにクリックイベントを追加する
		cb2.setOnClickListener(
				new View.OnClickListener() {
					public void onClick(View v) {
						// イメージ画像がクリックされたときに実行される処理
						CheckBox cb = (CheckBox)findViewById(R.id.checkbox01);
						cb.setChecked(false);
					}
				}
			);

コメント

タイトルとURLをコピーしました